死者だけどマーダーになることも

最近事故の文章をとことん見ます。
車が狂乱して歩道を歩いていた自身が亡くなった、ハイウェイで追突されて亡くなった、パーキングで気づかずに家庭を逝去させてしまったなど、事故の文章を見ない日光はありません。
車人前の現世、誰でも死者になることも、キラーになってしまう予報はあります。
それぞれは気を付けて運転していても、恋人の上の空で死者になってしまうことも、キラーになってしまうことも万全考えられます。
近頃もオペをしていると、さっきを走っていた車が急ブレーキを掛けて停車しました。
車間隔たりを奪い取り、度合いも出ていなかったので前の車と接触惨事にはなりませんでしたが、どうしたのかなと思いながら停車していると、前の車のさっきを携帯を見ながらハイスクールが自転車で通り過ぎて行きました。
携帯を見ながら飛び出してきたハイスクールが障害の原因でした。
たまたま惨事にはなりませんでしたが、ハイスクールも死者になっていたかもしれないし、前の車の乗員もキラーになっていたかもしれません。
惨事になっていればハイスクールは死者ですが、自分の上の空でまったく関係ない自身をキラーとしてしまったわけだからキラーと言ってもいいと思います。
誰でも死者になる可能性もあるし、キラーになる可能性も残る。
本当に関係ない自身をキラーとして仕舞う可能性も起こるということを意識してオペを心がけたいと思います。脱毛ラボ 箇所