佳境を迎えるJリーグ。優勝争いは?昇格争いは?

サッカー日本代表の海外遠征も終わり、
Jリーグは
J1が残り3試合、
J2は18日の試合がレギュラーシーズン最終戦となります。

J1の優勝争いは、
鹿島の優勝が大きく見えている状況です。
浦和がアジアチャンピオンズリーグ決勝の1試合目を18日に戦う関係で
鹿島VS浦和が5日に先行して行われたため、
鹿島は18日の試合はなし。
優勝争いの対象チームとなる2位・川崎は上位の常連ガンバ大阪と対戦します。
優勝の可能性のあったリーグ杯は決勝で涙をのみ、天皇杯も敗退。
残る優勝争いはリーグ戦のみですが、
もはや風前の灯火かもしれません。
鹿島との勝ち点差は7
川崎が負ければその時点で鹿島の優勝が決定となります。
Jリーグで試合のない日のチームの優勝が決まるのははつのけーすとなるだけに
注目が集まります。ただ鹿島は選手で集まって何かするという気配はなさそうです。

J2はJ1昇格残り1枚の切符を巡ってのプレーオフ進出争いが熾烈。
既に名古屋と福岡のプレーオフ進出は決定済み。
徳島、東京ヴェルディ、松本、千葉の4チームが
プレーオフ進出残り2枚の切符をかけて争います。
最終節は
徳島と東京ヴェルディが直接対決となります。
勝ったほうはプレーオフ進出決定
引き分け・負けは他会場の結果次第となります。
その他、千葉は横浜FC
松本は京都と対戦します。
J1の可能性を残すプレーオフに進むのはどこか。
浦和がアジアの頂点をかけた戦いの前にもう一つの大一番が待っています。アリシア 効果